クリニック案内

北上市の内科
北上市役所前交差点から東に30m

医院名
芳野内科医院
院長
芳野 宏一
副院長
芳野 竜太郎
住所
〒024-0094
岩手県北上市本通り1丁目3-22
電話番号
0197-65-1811

診療カレンダー

 12月の診療カレンダー







1
2345678
9101112131415
16171819202122
2324252627
28
29
30
31





 1月の診療カレンダー



1
2
3
4
5
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031


日曜・祝日:休診
木曜・土曜:午後休診

ご予約・ご相談

「どんな治療法があるの?」
「治療にかかる期間は?」

疑問に思う事、何でもご相談ください。

TEL 0197-65-1811

生活習慣病について

2型糖尿病

 食べ過ぎや運動不足のために血糖値が高くなる病気です。肥満の方に発症するイメージがありますが、日本人を含むアジア人はもともと血糖を下げる力が弱い人が多く、太っていない方でも注意が必要です。血糖値が高くても自覚症状はなく、気がつかないうちに血管が徐々に痛んできます。三大合併症である神経障害、網膜症、腎症の他にも脳卒中や心筋梗塞、認知症や癌のリスクを高めるとも言われており、放置は厳禁です。当院では患者さんのお仕事や家庭環境に応じた生活習慣の改善を提案し、必要であれば飲み薬の治療も行います。それでも血糖コントロールが悪い場合はインスリン自己注射をお勧めすることもあります。自分で注射を打つことに抵抗がある方が多いと思いますが、針が非常に細いため痛みはほとんどなく、器具も年々改良されてきていますので扱いも簡便です。健診で糖尿病が疑われた方、「今は体調が良いので大丈夫」と言わずに医療機関を受診しましょう。当院では院内で迅速に血糖値およびHbA1c(血糖の平均値の指標)を測定することが出来ますので、お気軽にご相談下さい。        

高血圧症

 「サイレントキラー」とも呼ばれ、気が付かない間に動脈硬化が進むことがあります。脳卒中や心筋梗塞、腎機能低下を来すことがあり、症状がなくても油断は禁物です。高血圧症のほとんどは原因が良く分かっていない「本態性高血圧症」ですが、内臓の疾患に由来する「二次性高血圧」の方も少なくありません。治療としては禁煙や節酒、塩分の取り過ぎや肥満の是正といった生活習慣の改善を行い、併せて飲み薬を使います。当院では二次性高血圧が疑われる方には積極的に採血検査を行い、内臓疾患の早期発見に努めています。

脂質異常症

 悪玉コレステロールや中性脂肪が高い状態が続くと、脳卒中や心筋梗塞など命に関わる病気になる危険性が高くなります。食事内容や運動不足に起因することもありますが、特に悪玉コレステロールについては体質的に高くなりやすい方も多く、早めに内服治療を開始した方が良い場合もあります。当院では「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」を参照し、患者さんのリスクに合わせた治療を提案致します。          

高尿酸血症

 尿酸には強力な抗酸化作用があり体に必要な要素ですが、過剰になると様々な悪影響を及ぼします。足の親指が腫れて痛くなる痛風発作が有名ですが、これは氷山の一角にすぎず、腎臓病や動脈硬化のリスク因子でもあります。プリン体を取り過ぎないようにする、アルコールの飲み過ぎに注意するといった食生活の改善を図りつつ、必要に応じて内服治療を行います。「健診で尿酸値が高いと指摘されたが、痛風発作もないのでそのままにしている」という方もいらっしゃると思いますが、一度は医療機関を受診しましょう。